美白化粧品 > 美白化粧品、シミ予防の基本は紫外線対策

美白化粧品、シミ予防の基本は紫外線対策

紫外線とは、身体にとって有害なものであるということで知られています。シミや美白を考える際にも、必ず頭に入れておかなければならないものです。ひとくちに紫外線といってもUV-A波、UV-B波、UV-C波という種類があり、それぞれが違った特徴を持っています。このうち、UV-AとUV-Bが地上まで届くものです。

UV-A波を多く浴びてしまうとシワができやすく、UV-B波を浴びてしまうとシミができやすくなってしまうので、どちらも浴びないように気を付けましょう。

紫外線が多い季節といえば、夏場を想像する人が多いのではないでしょうか。ですが、一年を通して紫外線の量が多いのは、5月から7月です。8月頃に暑くなってから紫外線対策を取るという人も多いようですが、これでは間に合わないということです。
ニキビ化粧水で解決!大人ニキビの対処法を3種類ご紹介します。

特に5月から7月というのは地域によっては梅雨の時期であるため、あまり紫外線を気にしない人が多いようです。季節ごとの紫外線の特徴についても知っておきましょう。

まず、春の紫外線についてです。春の紫外線は、冬に比べるととても強いというのが特徴です。春場の紫外線で日焼けをしてしまったという人もいるくらいなので、日差しが強い日は特に注意をしなければなりません。

夏場は紫外線が多くなる時期であるため、その他の季節よりも念入りに紫外線対策を行う必要があります。特に気温が高い日はその分紫外線も多くなっているので、暑い日はできるだけ外出を避けたいところです。

秋になると気温が下がり過ごしやすくなることから、紫外線対策も手を抜いてしまう人がいるようです。 しかし、紫外線の量は春とそれほど変わらないと思っておいたほうがいいでしょう。 油断していると日焼けをしてしまう可能性もあります。

冬に注意したいのが、雪に紫外線があたって顔や身体に紫外線が反射してくることです。 もちろん、夏場ほどではありませんが空からも紫外線が降り注いでいるわけなので、こちらも注意しておきましょう。一年を通してしっかり紫外線対策をすることが、シミを防ぎ、美白に繋がります。